消費者基本計画とは
消費者基本計画が、36年ぶりに改正された「消費者基本法」
に基づき我が国で初めて策定されました。

消費者基本計画とは、消費者の利益の擁護・増進を図るための
政府(国)の施策の指針を定めるものです。

消費者基本計画の内容は、平成17年度から平成21年度までの
5ヵ年計画で消費者の権利の尊重、消費者の自立支援を
具体化していくものです。

消費者政策の3つの基本方向と9つの重要事項

 1.消費者の安全・安心の確保
  ① 消費者が危険な製品の回収情報を素早く入手し、
    事故を回避できるようにする。
  ② 消費者のリスクコミュニケーションへの参加を促進する。
  ③ 消費者が食品に関する情報を簡単に入手できるようにする。

 2.消費者の自立のための基盤整備
  ④ 消費者が不当な勧誘に直面しないようにする。
  ⑤ 一定の消費団体が事業者の不当な行為を差し止めることが
    できるようにする。
  ⑥ 消費者が自立できるように消費者教育を展開する。
  ⑦ 消費者が自ら環境に配慮して行動できるように支援する。

 3.緊要な消費者トラブルへの機動的・集中的な対応
  ⑧ 消費者からの苦情相談を活用してトラブルを防止する。
  ⑨ 緊要な消費者トラブルに対して機動的・集中的に施策を講ずる。

以上に加え重点的に講ずる121の具体的施策が示されています。

詳細については、内閣府国民生活局のホームページ(消費者の窓)
でご覧下さい。
[PR]
by masuhoo | 2005-09-26 11:45 | 法律

商工会と地域の情報ブログです。写真は高下地区から見たダイヤモンド富士です。
by masuhoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30