信用保証制度の見直し
平成17年6月の中小企業政策審議会基本政策部会において、信用保証制度の
見直しに関する答申が出され、経営実態に応じた保証料率弾力化の導入が
平成18年4月1日から予定されています。

目的は、中小企業者の経営状況を加味した料率体系を構築することにより、
資金調達コストの軽減、公的保証の利用機会の拡大を図り、中小企業者の
さらなる発展を応援する、となっています。

弾力化の内容は、
 ・中小企業者の経営状況に応じ、保証料率が0.5%~2.2%の9段階になる。
 ・個別には貸借対照表を基にした財務評価に一定の定性要因を加味して
  保証協会が料率を決定する。
 ・全体(平均)としては、現行と同じ1.35%となる。
 ・貸借対照表を作成していない者は、当分の間一定料率(現行の1.35%)。
 
なお、原則として全ての保証が経営状況を踏まえて弾力化されますが、例外として
セーフティネット保証などの特別な保証には従来同様の料率が適用されます。

この料率弾力化によって、経営状況が良好な企業には割安な保証料を、
厳しい経営環境にある企業にも、保証利用機会の拡大を実現します。
[PR]
by masuhoo | 2006-02-22 11:27 | お知らせ

商工会と地域の情報ブログです。写真は高下地区から見たダイヤモンド富士です。
by masuhoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31