パートタイム労働法が変わります。
少子高齢化、労働力人口減少社会で、パート労働者が能力を一層有効に
発揮することができる雇用環境を整備するため、パートタイム労働法が
改正されました。 ~~平成20年4月1日施行~~

改正のポイント
 1 雇い入れの際は、労働条件を文書などで明確に!
   雇い入れ後も待遇について説明を!
 
 (1)労働基準法により労働条件の明示が文書の交付によって義務づけ
   られている事項に加え、一定の事項について、文書の交付等による
   明示が義務化されます。→違反の場合は過料(10万円)に処せられます。
    「一定の事項」は昇給、退職手当、賞与の有無
 (2)雇い入れ後、パート労働者から求められたとき、待遇を決定するに
   当たって考慮した事項を説明することが義務化されます。
 
 2 パート労働者の待遇は働き方に応じて決定を! 
 (1)正社員(通常の労働う者)と同視すべきパート労働者(正社員と
   職務(仕事の内容や責任)が同じで、人材活用の仕組み(人事異動
   の有無や範囲)が全雇用期間を通じて同じで、かつ、契約期間が
   実質的に無期契約になっているパート労働者)のすべての待遇について、
   パート労働者であることを理由に差別的に取扱うことが禁止されます。
 (2)パート労働者の賃金を決定する際は、正社員との均衡を考慮し、
   職務の内容、成果、意欲、能力、経験等を勘案することが義務化されます。
   さらに、正社員と職務と一定期間の人材活用の仕組みが同じ場合は、
   賃金を正社員と同一の方法で決定することが義務化されます。
 (3)正社員との均衡を考慮し、職務の内容、成果、意欲、能力、経験等に応じて
   パート労働者の教育訓練を行うことが努力義務化されます。
   さらに正社員と職務が同じ場合は、正社員に行う職務の遂行に必要な
   教育訓練について、すでに必要な能力を有している場合を除き職務が同じ
   パート労働者にも行うことが義務化されます。
 (4)健康を保って働くための施設や業務を円滑に遂行するための福利厚生
   施設について、パート労働者に利用の機会を提供するよう配慮することが
   義務化されます。

3 パート労働者から正社員へ転換するチャンスを!
 (1)正社員への転換を推進するための措置を講じることが義務化されます。

4 パート労働者からの苦情の申し出に対応を!
 (1)パート労働者から苦情の申し出を受けたときは、事業所内で自主的な
   解決を図ることが努力義務化されます。
 (2)紛争解決援助の仕組みとして、都道府県労働局長による助言,指導,勧告、
   紛争調停委員会による調停が設けられます。

詳細に関するお問い合わせは、山梨労働局雇用均等室 055-225-2859へ

厚生労働省 ホームページ    
[PR]
by masuhoo | 2007-08-29 13:57 | 法律

商工会と地域の情報ブログです。写真は高下地区から見たダイヤモンド富士です。
by masuhoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30