最低賃金法の改正
最低賃金の決定基準や罰金の上限額、派遣労働者への適用などについて
改正が行われ、平成19年12月5日に交付されました。
    ※施行期日は、平成20年7月1日です。
【地域別最低賃金】
  地域別最低賃金の決定にあたっては、労働者が健康で文化的な最低限度の
  生活を生活を営むことができるよう、生活保護施策との整合性にも配慮
  することとなります。
  地域別最低賃金の不払いの場合の罰金額の上限が2万円から50万円に
  引上げられます。
【産業別最低賃金】
  産業別最低賃金については、その不払いについては、最低賃金法の罰則は
  適用されなくなり、労働基準法の賃金の全額払違反の罰則(罰金の上限額
  30万円)が適用されます。
【適用除外規定】
  障害により著しく労働能力の低い者等に関する適用除外が廃止され、最低賃金
  の減額特例が新設されます。
【派遣労働者の適用】
  派遣労働者については、派遣先の地域(産業)の最低賃金が適用されます。
【最低賃金額の表示】
  時間額、日額、週額または月額で定めることとされていた最低賃金額の
  表示単位が、時間額のみとなります。

 ○山梨県の最低賃金 時間額665円(平成19年10月28日適用)
 ○山梨県の産業別最低賃金
    電気機械器具、情報通信機械器具、電子部品・デバイス製造業
                時間額770円(平成19年12月6日適用)
    自動車・同附属品製造業
                時間額778円(平成19年12月8日適用)

詳細はこちら 
 
[PR]
by masuhoo | 2008-06-02 13:42 | 法律

商工会と地域の情報ブログです。写真は高下地区から見たダイヤモンド富士です。
by masuhoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30