<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
信用保証制度の仕組みが変わります
山梨県信用保証協会では、金融機関と適切な責任共有を図り、
両者が連携して中小企業支援をさらに充実させていくために、
「責任共有制度」が導入されることとなりました。

いままでの信用保証協会保証付き融資は、借入金額に対して
信用保証協会が原則として100%保証していましたが、
今年10月1日保証申込受付分からは、「責任共有制度」が導入され、
保証付き融資は一部の保証を除いて、信用保証協会の保証割合が
80%、金融機関の負担割合が20%となります。
 
責任共有制度には、「部分保証制度」と「負担金制度」の2つの方式があり、
金融機関がいずれかの方式を選択します。
 部分保証制度:借入金額の80%を信用保証協会が保証します。
 負担金方式:金融機関は信用保証の利用状況に応じて部分保証と
         同等の負担が生じます。

信用保証料について
  区  分       ①   ②   ③   ④  ⑤  ⑥  ⑦  ⑧  ⑨         
現行保証料率    2.20 2.00 1.80 1.60 1.35 1.10 0.90 0.70 0.50   
責任共有保証料率 1.90 1.75 1.55 1.35 1.15 1.00 0.80 0.60 0.45

責任共有制度が導入されることにより、金融機関の審査が慎重になる
ことが予想されます。

そこで、責任共有制度の対象外の主な保証制度を挙げます。
 ○経営安定関連保険(セーフティネット)1号~6号にかかる保証
 ○創業関連保険、創業等関連保険にかかる保証
 ○特別小口保険にかかる保証
 ○小口零細企業保証制度

小規模事業者向けに融資制度が創設されました。
 ●名   称  小規模企業サポート融資(山梨県の融資制度)
 ●融資対象  小規模企業者
           (従業員が20人以下、商業サービス業については5人以下) 
 ●資金使途  運転資金および設備資金(土地取得資金は対象外)
 ●限 度 額  1,250万円(運転資金と設備資金をあわせて)
           ※小口零細企業保証制度による保証を要件とし、借入申込金額と
           保証協会の保証債務残高を合算して、1,250万円以下
 ●融資利率  2.1%(保証付き)
 ●担保保証  無担保・無保証人(法人の場合は代表者1名の保証人が必要)
 ●償還期間  設備資金 7年以内(1年以内の据置を含む。)
           運転資金 5年以内(1年以内の据置を含む。)
 ●申込書類  借入申込書の他に、商工会等の審査書、財務書類、納税証明書
           等の書類が必要となります。
           申込み窓口は金融機関になります。
                  
  
[PR]
by masuhoo | 2007-09-25 12:01 | お知らせ
  

商工会と地域の情報ブログです。写真は高下地区から見たダイヤモンド富士です。
by masuhoo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30